ホストファミリーのすすめ

ホストファミリーのすすめ

昨日から、カナダからの娘の友だち(生徒さん)が我が家にホームステイしています。
片言の日本語と片言の英語で、会話をするのは楽しいものです。
娘とお友達とは、英語で会話。
とっても速いので、聞き取れないこともたくさんありますが、それでもたまに英語で口を挟んでみたり。

こんな風に我が家には、時々、外国からのお客さんがやって来ます。

はじめの頃は、まず家を片付けるところから大変で、気負いも相当なものでした。
それでも、娘のためになるはず!
と気張って続けていくうちに、私自身も慣れて来て、今では3日前くらいまでに知らせてくれたら受け入れOKなくらいになっています。

娘のためにはじめたホストファミリーですが、私にとっても気づきや学びは多く、とくに、狭い固定概念で人を見たり、評価することは、あまりよくないことだと実感した事は、大きな変化だと思います。

世界には、いろんな国があり、習慣や文化、考え方は、それぞれです。
日本では当たり前のことがある国では違ったり、またその反対だったり。
自分の価値観を押し付けるだけでは、理解し合うことはできません。
お互いの違いを知ることから理解がはじまります。

その原体験が毎年1月に実施しているウェイクのホストファミリー&ホームステイプログラムにつながっています。

これからの社会を担う子どもたちには、子ども時代に、そのことを感じて欲しいと思っています。

今年は6人の国際学生がホームステイプログラムに参加する予定です。
つまり、6ファミリーがホストファミリーにチャレンジします。

ホームステイまであと1週間。

気負い過ぎず、楽しんで欲しいなぁと思います。

b0367367_00212887.jpg


(宇治観光には私もガイド役で同行。)

ウェイク教室への質問、お問い合わせは、

wake.itoi@gmail.com

09074985034

糸井までどうぞ









[PR]
by wakeitoi | 2017-12-29 23:47 | グローバル教育 | Comments(0)