人気ブログランキング | 話題のタグを見る

セブ島のこと

今セブ島で起こっていること

コロナ前、親子留学で何度となく訪れたセブ。
先日、セブ島を襲った台風は、私たちの記憶に残る街並みを無茶苦茶にしてしまいました。

離島や孤児院案内してくれた聖子さんの住む地域も、訪れた離島も、孤児院も、大きな被害を受け、大変な状況に。

駆けつけることはできないけれど何かできることはあるはず。

そう思っていたとき、聖子さんのFacebookの投稿を通じて、募金窓口が開かれたことを知りました。
↓↓↓

「どうしていま?なぜ私たちなんだろう」

これまで、コロナ禍のダメージから立ち直るべく
いろいろなプロジェクトを立ち上げてきた。

ひとつひとつ形にして乗り越えてきた。

あともう一歩で"図書館カー"が走り出すはずだった。
シーモンキー号は経済の輪を回しだす手前まできていた。
子どもたちのためのラーニングセンターも建築スタート目前だった。

けれど、
一夜にしてすべてが無になってしまった...。

昨夜は一睡もできなかった。

はじまりは、夕方の大規模停電だった
同時に吹き始めた風は夜には暴風雨になり、数時間にわたって荒れ続けた

補強した窓にいろいろなものがぶつかってくる音がする
屋内まで入り込んでくる雨…
激しい音に恐怖で泣き出す子どもたちの声がする―

そして迎えた朝。

あまりの景色に言葉を失う

屋根の一部がない
車のフロントガラスがぐちゃぐちゃに…

離島からは実家が吹き飛んだ、ボートが倒壊した、という連絡

夫ジェフは、離島の家族や家の様子、直したばかりのボートの損壊にショックを隠せず愕然としていた。

そしてその早朝のやり取りのあと、
連絡が途絶えた

どのエリアも大規模停電に加えて、電話回線もダウンしてしまったのだ

補助電源などを用いて途切れ途切れに入ってくる支援地からの連絡

どれもこれも、悲惨、のひとこと

様子を知ろうにも、道路は電信柱の倒壊で危なくて走るのが難しい

それでも、出てみた

倒壊した家の前で呆然と立ち尽くすひと
がれきを片付けるひと
みな、眠れない夜を過ごしたんだろう
疲れた顔

それを見ながら
何度も、何度も反芻する
「どうしていま?どうしてまたここが?」

ここの人たちはこの2年の間、長い長いロックダウンに耐え、コロナ禍から立ち直ろうとしていた矢先だったじゃないか

じわじわとくる精神的なダメージにも、みんな笑顔で向き合ってきたじゃないか

もう少し、あと少しで支援地のみんなとのいろいろなプロジェクトが実を結ぶはずだった

今週中に図書館カーが走り出し
来月にはラーニングセンター第2号が完成
来週にはクリスマスイベントをスラムで開催する…

そんな希望にあふれた未来図があった

それが一夜にしてスタートライン、いや、マイナスになってしまった。

なんの試練ですか、
と思ってしまう。

あまりのことに、空を見上げてちょっと笑ってしまった。

「天は試練に耐えうるひとにその分だけの試練を与える」、とか言われますね?

そうだとすれば、私ってめっちゃ器大きいって思われてますか?

そうなんですか?

阪神大震災での被災で生家も友人も失った
東北大震災では幼子を抱えて空港で被災
セブ島に来てからは地震、コロナ禍、
そして今回は未曾有のスーパータイフーン…

私のものがたり、ドラマチックにしてくださってありがとうございます。

ってちょっとシニカルにもなりかけていたけど、

でも。
今朝起きて、息子カイが、
「ぼくは大丈夫だよ、ママ。
この状況をどうやってたのしむか、を考えていくから」と言ったことを思い出した。

同じあの景色をみた彼が、笑顔でそう言うのだ。

これで心がぱあっと晴れた。

そうだ。
前回よりも息子は成長しているし、夫ももうあのメンタル弱めの彼ではない

大丈夫。

器をためされている、というのなら、覚悟を決めましょう。

描いた夢とイメージを実現する、
この島のひとたちと歩いていくー
それだけだ。

みなさん、これを読んでいるみなさん、
どうかお力をお貸しください。

今回は、緊急的な支援が必要なエリアが多くあります。
急いで募金窓口を開設しました。

https://goshare.jp/support/donation/#%E5%8F%B0%E9%A2%A8%E3%82%AA%E3%83%87%E3%83%83%E3%83%88%E8%A2%AB%E5%AE%B3%E3%80%80%E7%B7%8A%E6%80%A5%E6%94%AF%E6%8F%B4%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%89

上記をクリックすると募金窓口に飛びます。

お気持ち、エネルギー、お送りいただければ幸いです。

どうか、どうぞ、よろしくお願いいたします!!

ご不便な生活を強いられてどれほど大変な思いをなさっていることかと、気遣われてなりません。

聖子さん、みなさん、どうかご無理はなさいませんよう、くれぐれもご自愛ください。

被害を受けられたみなさん方の街が、一日も早く復興し、また平穏な日常生活を送れるようになりますように。
心から願っています。

ウェイクのみなさんへ、
私からも、どうぞよろしくお願いします。

セブ島のこと_b0367367_15082780.jpg
(セブ島に行ったときには、みんなでお家にも遊びに行かせていただきました。)

セブ島のこと_b0367367_15082881.jpg
(離島に向かう船の上で)

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜 

1月10日(月)は、1月のわくわく体験教室
『恒例・お餅つき大会』です。

キャンセル待ちとなりました!
(参加費の封筒をお渡ししています。)



クリスマス会について_b0367367_16503222.jpg



〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜 

2月27日(日)は、2月のわくわく体験教室
『甲骨文字ではんこを作ろう』です。
間もなく、申し込みスタートします!



「ぜひきてない人もすごいのできてほしいです。」_b0367367_18140284.jpg

〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜

☆『テーブルde茶道と教育相談』も、こっそりスタートしています。

糸井宅にお越しいただき、テーブルスタイルの茶道を体験!
そして、ゆったりとした時間を過ごしながら、お話し聞かせていただきますね。
帰る頃には、考えていることや感じていること、迷っていることや悩んでいることが整理できて、すっきり。

そんな時間をご希望の方は、お問い合わせくださいませ。  

Instagramも、どうぞよろしくお願いします!


ウェイク教室、
わくわく体験教室、
子ども環境劇場、ろんり国語教室、

伝統文化いけばな親子教室、

伝統文化親子茶道教室、

セブ島親子留学、

テーブルスタイル茶道、

への質問、お問い合わせは、

https://www.kyoto-wake.com/

または、

wake.itoi@gmail.com

0907498534

糸井までどうぞ



by wakeitoi | 2021-12-21 06:00 | グローバル教育 | Comments(0)