人気ブログランキング |

先週の土曜日は、学校があった子が多いので、あちこちのクラスにわかれて振り替えをしています。
6年生が卒業し、いつもは静かな月曜日クラスにも、2人が加わり賑やかに。

前半は新6年生に合わせて、みっちりとお勉強タイム。
6年生2人は、長い間、取り組んでいた算数の問題集の最後の難問数問にチャレンジ中。
なんとか今日中に終えたいと、必死でした。
…そして、2人とも、できた〜‼️
その1つは、方程式も、特殊算も、知らない子ども達が自力で解くのはすごく難しくて、ほとんど(ほぼ100パーセント)の子がすっとは解けない問題です。
たぶん、家で親子さんの手を借りた子も少なくないと思います。
その文章題には、春子さん夏子さん秋子さん冬子さんの4人が登場するので、ウェイク卒業生の子ども達はみんなこの4人が嫌いです(笑)

解答のために使う計算自体は簡単で4年生なら楽々できます。
でも、難しいんですね。
なぜかと言うと、問題の意味を読み取るには、高い読解力がないとできないからです。

2人も、なかなか正解にならないので、いやになって長い間放ったらかしにしたままでした。

でも、いよいよ残すはこの問題だけになった昨日は、やる気に火が付き、絵を描いたり、図を描いたり、問題文を要約したり。
論理力を駆使して問題文を読み、論理的に組み立てて、仮説を立てて…
そして、最後には、方程式でも特殊算でもない自分なりの解法を導き出し、正解することができました。

1冊の問題集に3年間。

本当によくがんばりました。

本人たちはもちろんですが、
「いつか自分でできますから、教えないでくださいね。」
と言う私のお願いを聞き入れ、信じ、ずっと気長に見守ってくださった親御さんも、素晴らしい。

途中、もうイヤや…
ウェイク行きたくない…
となったこともありましたよね。
だって、お勉強って、教えてもらってサクサク前へと進んだ方が楽しいし、楽ですものね。

それでも、じっと我慢で見守り続けたお父さん、お母さんは、本当に偉かったです。

2人が同志として、励まし合って取り組めたことも幸いでした。
やる気になれなくても、ウェイクでだったら、頑張ってみようと思える。

たかが算数、されど算数。
この学びは大きいです!

後半の時間は、振り替えに来ていた下の学年の子達に合わせて、あれこれゲーム。
お姉さん達と遊べるのがうれしくて、大はしゃぎ。
b0367367_22005871.jpg

b0367367_22010628.jpg

b0367367_22011560.jpg

あれ、かわいい傘がひとつ、忘れ物。
誰のかな?
b0367367_22012428.jpg

ウェイク教室への質問、お問い合わせは、

wake.itoi@gmail.com

09074985034

糸井までどうぞ



by wakeitoi | 2019-05-20 22:00 | 子育てコラム | Comments(0)

寛ぎの時間

寛ぎの時間
b0367367_22192763.jpg
いつもは、お勉強が終わりお迎えを待つ間、大暴れして遊んでいる子ども達。
なぜか今日は、読書タイムになりました。
まるでリビングで寛いでいるようですね。
家では、こんな風にゆったりとした時間がないほど忙しい毎日を送っている子も少なくないようです。

ほっこりとできる時間は、大人にとっても必要ですが、子どもにこそ必要です。
心にゆとりがなかったら、心も体も、健やかに育つことはできません。

穏やかに過ごす子ども達の背中を見ていて、たまにはこんな時間も作ってあげないといけないなぁと思いました。

ウェイク教室への質問、お問い合わせは、

wake.itoi@gmail.com

09074985034

糸井までどうぞ






by wakeitoi | 2019-05-15 22:19 | 子育てコラム | Comments(0)

大東クラスの同窓会

大東クラスの同窓会

今日は、大東クラスの同窓会でした!
中学、高校を卒業した子ども達を中心に集まって大にぎわい。

b0367367_23541342.jpg
はじめは、静かに夕食のお弁当を食べていた子ども達も、カードゲームやら、トランプやら、賑やかに。

で、記念写真を撮るのかな?
と思ったら…

b0367367_23562165.jpg

だるまさんがころんだ転んだがはじまりました。
1番上は、もうすぐ二十歳。
b0367367_23562343.jpg
それでも、一緒に楽しそう。

あ〜
やっぱりウェイクの子ども達だなぁと嬉しくなりました。

b0367367_00001732.jpg
大きくなった子ども達との記念撮影。

b0367367_00020020.jpg
いつまでも変わらないお母様方との貴重な1枚(笑)

どの子も、目標を持って頑張っていました。

ウェイクが目指していることは間違いじゃないなと成長した子ども達が教えてくれているようでした。

素敵な会を開いてくださったことに感謝しながら、子ども達に見送られて家路につきました。

どうもありがとうございました!!
また会う日まで…。


ウェイク教室への質問、お問い合わせは、

wake.itoi@gmail.com

09074985034

糸井までどうぞ




by wakeitoi | 2019-03-14 23:49 | 子育てコラム | Comments(0)

何より嬉しい卒業生の成長

昨日は、卒業生のバレエの発表会へ。
ラストステージと聞いて、駆けつけました。
キラキラ輝いている。
この言葉がぴったりで、眩しくて涙が出ました。

b0367367_20044832.jpg

家に帰ると、またまた嬉しい報告。
ウェイクで机を並べていた2人が、野球の日本代表チームで一緒に頑張っているそうです。

卒業生の成長は、何よりも嬉しいです。

今週末は、お天気は悪かったけれど、幸せな気分で過ごせました。

ウェイク教室への質問、お問い合わせは、

wake.itoi@gmail.com

09074985034

糸井までどうぞ


by wakeitoi | 2019-03-10 12:08 | 子育てコラム | Comments(0)

苦手なことでもがんばる!

教師としても、親としても、苦手なことに目を向けるよりも、得意なことを伸ばす!
…をモットーにしています。
誰でも、苦手なことはあるものですが、そんなに気にしなくても大丈夫。
自己肯定感が育っていて、ポジティブならば、なんとか自分なりの克服法を考え出して、乗り越えられるようになります。
大人になると、苦手なことでも、やらなくちゃならない場面も出てきます。
そんな時だって、自分の特性を知っていたら、対策も立てられるし、どんくさい自分に必要以上に落ち込むことはありません。

かく言う私も、得意なことと苦手なことの振り幅が大きくて、子ども時代には、何度も失敗した1人です。

幸いなことに、父も母も、私のそんなところを殊更に強調したり、注意することはなく、また、必要以上に手を差し伸べることもなく、叱ることもなく…
私自身、あんまり自分の短所を意識しないですみました。
ですから、自分はダメな子だとか、情けないなんてみじんにも思わないで学童期を過ごすことができました。
ものすごく褒められて育って訳ではありませんが、否定されたり、ダメ出しされることがなかったことは、自己肯定感を高めることになったのだと思っています。

だから、少し学年が上がると、人に言われるよりも冷静に自分のことを見ることができるようになり、困った感を感じると、なんとか克服できないものかと自己分析し、工夫するようになっていきました。

それでも、まあ、うまくいかないこともあるのですが、最終的にはなんとかなるし、なんとかできるだろうと楽観的に捉える自分がいます。

子どもの苦手な面は、親にとっては、自分のこと以上に気になるもの。
なんとかしてあげたいと思うのが親心。
でも、よかれと思ってすることが、逆効果だったり、大きなお世話になることも少なくありません。

信じて、見守る。
これが一番簡単で、難しい。

でも、とっても大切な姿勢だと思うのです。

…なぜ、突然そんなことをお話するのかというと、私自身が、今、一番嫌いで苦手なことを1つ終わらせたから。
やってしまえば、なんてことないのですが、取り掛かるまでがとにかく気が重かった〜。

b0367367_15575305.jpg


伝統文化いけばな親子教室の報告書。
文化庁に提出するだけあって、とにかく細かい(収支報告書が特に)
得意な人からしたら、アホみたいなことなんでしょうが、いくらエクセルが計算してくれると言っても、大嫌いです。

けれども、なんとかできました。
苦手なことでもがんばりますよ〜。
大人ですからね。

あとは、確定申告。

がんばります(笑)

ウェイク教室への質問、お問い合わせは、

wake.itoi@gmail.com

09074985034

糸井までどうぞ




by wakeitoi | 2019-02-23 15:19 | 子育てコラム | Comments(0)

卒業生のお母様方にお誘いいただき、ランチへ。
大きくなった子ども達は、結婚やら、就職やら、おめでたい話題が尽きません。
こんなに嬉しいことはありません。

次回は、子ども達にも会いたいなぁ。
20周年のときに、大同窓会を開こうかな〜なんてぼんやり考えました。

また、誘って下さいね。

b0367367_15292986.jpg

ウェイク教室への質問、お問い合わせは、

wake.itoi@gmail.com

09074985034

糸井までどうぞ


by wakeitoi | 2019-02-12 15:25 | 子育てコラム | Comments(0)

失敗は成功のもと

失敗は成功のもと
b0367367_23031044.jpg
金曜日クラスも、石けん作り。
石けん作りを学ぶ…と言うよりは、活動を通して学ぶ。
ウェイクの製作タイムは、本当に不親切なんですよ。
細かな指示は出しません。

こうやって、こうやったら、ほら、これができるんだよ。
とざっくりやって見せるだけ。

失敗した、もうあかん。
上手くいかないとすぐに失敗って決めちゃう子。
ほんまに失敗かな?
色々工夫してみたら?
失敗は成功のもとやで。

指示されることに慣れている子は、言われたことはしっかりできるけど、工夫することは苦手。
すぐにアドバイスを求めます。
困ったことを解決する方法は、聞くことだと思っています。

先生、どうしたらいいですか?
そんな子には、あえて助け舟は出しません。
自分で考えて工夫してみ。
困ったことが起きたときに、いつでも助けてくれる人が近くにいるとは限らないよ。

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥

とは言うけれども、聞く前にすべきことがあるのです。

まず、考える。
まわりを観察する。

だいたいは、この二つで解決できるはず。

それでも解決できなかったら、調べる。
そして、失敗を恐れずやってみる。

聞くのはそのあと。

何回失敗してもいい。
失敗は成功のもと、成長のもと。

ウェイク教室への質問、お問い合わせは、

wake.itoi@gmail.com

09074985034

糸井までどうぞ




by wakeitoi | 2019-02-08 23:02 | 子育てコラム | Comments(0)

将来の夢はなんですか?

将来の夢はなんですか?

ウェイクでは、毎年1月に子ども達に聞くようにしています。
そして、色紙に書きます。

b0367367_21393835.jpg

一生懸命描いてくれました!

でもね、決して

だったら、◯◯を頑張らないといけないね。
もっと、頑張らないと◯◯にはなれないよ。

なんてことは言いません。

そんなことは、もっと大きくなって、進路が現実的なものになったときに、自分で感じたらいいことですから。
最初から子どもの可能性を潰してしまうような言葉かけはしないようにしましょうね。

サッカー選手になりたい。

と書く子がいたら、

じゃあ先生、応援に行くね。
外国だって、どこだって、大きな旗持って行くからね!

と一緒に楽しい夢を語ります。

毎年、違うことを書いてもいい。
夢や目標を持つことが大切なんだと思うのです。

高学年になると、たまに書けなくて困ってしまう子もいますが、その子には、
将来の夢は、勝手にわいてくるものではないんだよ。どんな大人になりたいか考えると将来の夢も見えてくるんだよ。
とアドバンスします。 

ボーッと生きてんじゃねーよ。

は、NHKのチコちゃんの口ぐせですが、まさにその通り。

毎日、流れ作業のベルトコンベアーのような生活を送っている子は要注意。

自分の足でちゃんと歩ける大人になるためには、子どもは子どもなりに自分の頭で考え、自分の足で歩く生活をしないとね。

今日と明日は、センター試験ですね。
みんな頑張っているかな?

子ども時代に描いた夢と同じ目標の子も、そうでない子も、今の目標に向かって頑張っていることでしょう。

応援してますからね〜。

ウェイク教室への質問、お問い合わせは、

wake.itoi@gmail.com

09074985034

糸井までどうぞ




by wakeitoi | 2019-01-19 21:38 | 子育てコラム | Comments(0)

謹賀新年

あけましておめでとうございます。


クリスマスイブからカンボジア旅行に出かけていて、昨夜遅く、あと数分で新年を迎えるという時間に帰宅しました。


b0367367_09064195.jpg


旅には、ハプニングはつきもの。

出かける朝、空港へ向かおうしたとき車が突然動かなくなり、急遽、タクシーとバスで空港へ。

なんとか間に合い、ホッと一息。

カンボジアでは、お腹の弱い夫は、もちろん初日から薬のお世話に。

これは想定内ですが、頑強な胃腸の持ち主の娘が3日目に発熱(たぶん)と下痢。

そして、まさかの私までもが最終日の夜中になり、未だかつてないほどお腹をこわしてしまい、長旅どうなる?と一抹の不安を持ちながら朝を迎えました。


それでも、旅は楽しかった!


カンボジアで27年間生活しながら、日本語学校を運営されている鬼一二三先生を訪問、いきなりの無茶振りで親子3人で教壇に立ち、音楽の授業を担当。


b0367367_08563305.jpg


アンコールワットの町から飛行機で50分、ビーチが美しいと言われているシアヌークビル では、中国人が大量に入り、建設ラッシュ。

道路はデコボコ、町中ゴミだらけ、美しかった町は、見るも無残な状態に。


b0367367_08593754.jpg

それでも、船で訪れた小さな離島は美しかった!

ホテルのプライベートビーチでは、読書三昧。

のんびり命の洗濯。


b0367367_08480314.jpg


一二三先生の日本語学校の最初の卒業生、シャチョウ(ニックネーム)さんの案内で、アンコールワット遺跡群を巡りました。


b0367367_09000968.jpg

真っ青な空と遺跡群のコントラストの美しさ、壁画に刻まれたカンボジアの歴史、修復途中の建物。

b0367367_09003892.jpg


まだまだ発展途上のカンボジアがかつてどれだけ大きな国で繁栄していたか、その後、数々の戦火に見舞われ、国中が破壊され、今また復興を遂げようとしている。


ポルポト派時代、家族を失い、タイ国境付近で難民生活を余儀なくされたシャチョウさんの話には胸が痛みました。


b0367367_08512082.jpg


シェムリアップの郊外にある大きな湖で見た夕陽の美しさ。

水上の村は、テレビで見るより不衛生で、湖も茶色に濁っていて、その水を飲んで暮らしているなんて。

けれども、そこで暮らす人々は貧しいけれどたくましい。


b0367367_08500962.jpg


シェムリアップの中心部に戻ると近代化はすすんでいて、東南アジア特有のごちゃごちゃだけれど元気の良い活気がありました。

オールドマーケットで値切り、1000人も入りそうな大きなレストランで伝統的な舞踊ショーを見て、ディナー。


b0367367_08515863.jpg


このあと、お腹の調子が悪くなったので、ここで食べた何かが体に合わなかったのでしょうが、最後の夜を楽しく過ごしました!


私は旅が好きです。

パッケージされた旅ではなく、自分で計画を立てて出かける旅。

出会いがあり、気づきがある。

百聞は一見にしかず。

今まで知っていると思ったことが、まるで違っていたことに気付かされたり。


自分と違う暮らしをする人々に出会うことで、今までの常識が常識ではなくなり、心も視野も広くなる。


旅にはハプニングがつきもので、その時々に知恵を絞り、臨機応変な対応で乗り切らなければなりません。

ときには誰かの力を借り、ときには1人で踏ん張り。


これって、人生と同じだと思いませんか?


前置きが長くなりましたが、私はウェイクの子ども達にも、旅を楽しめるような大人に育ってほしいと思っています。

変化や違いに戸惑いながらも、柔軟に受け止め、自分の糧にするたくましさを持ってほしい。


b0367367_09020177.jpg


Life is an adventure.


まずは、身近なところにある冒険から。

どんどん新しいことに挑戦しましょう。


さあ、

あなたはどんなアドベンチャーを見つけますか?



新年の挨拶にかえて


能力開発教室Wake(ウェイク)代表

糸井雅美




by wakeitoi | 2019-01-01 08:44 | 子育てコラム | Comments(0)

優しい子どもたち

優しい子どもたち
b0367367_21351402.jpg

子どもからリクエストがあり、今日は久しぶりの百人一首大会。
遊びですが、一生懸命な子どもたち。
ある子が一生懸命過ぎて、思うように取れなくて泣いてしまう場面がありました。
このときの他の子の対応が良かったなぁ。
はじめは泣いていることに気づかなかったのですが、1人2人…うつむいている子の涙に気づいた子が目配せをし合って、何事も起こってないように片付けをはじめ、いつも通り、おしまいの掃除をして…。

こんなときはそっとしておくのが一番いいって知っているんですね。

茶化したりしないで、そっと見守る。

優しい子ども達です。

ウェイク教室への質問、お問い合わせは、

wake.itoi@gmail.com

09074985034

糸井までどうぞ



by wakeitoi | 2018-10-11 21:34 | 子育てコラム | Comments(0)